サプリメントの市場規模

サプリメント市場は非常に強大で1兆5000万強規模(2017年度)ほどだそうです。

実際栄養相談として、サプリメントはどうでしょうかという質問はよく受けます。

サプリメントは大まかに2種類ある

大前提としてまずサプリメントは大まかに2種類ある、と考えてもらえれば良いと思います。

まず一つ目は、エネルギーのあるもの=つまり栄養補助食品と呼ばれているものです。
例えば、カロリーメイト、メイバランスなどがよく知られています。

二つ目は、エネルギーがほとんど無い、あるいは少なく、個別の栄養成分が強化されたものです。
錠剤タイプのものが多いイメージです。例えばビタミン カルシウムなど

エネルギーのあるものは、食事の代わりや、間食としてとして用いられることが多いですね。

一方二つ目の個別の栄養成分が強化されたものは、食事がとれているけどバランスを気にして摂取されている方が多い印象ですね。

サプリメントを摂取する意義はあるのか

これらサプリメントを摂取する意義はあるのでしょうか。
それは、YESともNOとも言えます。

例えば、葉酸が食事から十分に摂取できているのに、わざわざサプリメントで摂取する必要があるのでしょうか。
判断するには、正確な栄養・食事評価が必要となります。

サプリメントに関しては、専門家の中でも意見が別れるところです。